Strawberry

イチゴの親株から伸びているランナーを沢山カットしました。

小さなスペースではあまり増やせないから。

I cut a lot of runners that were growing from the parent roots of strawberries.

I can not increase seedlings much so that I have only a small space.

2018.0625_72_h600

広告

Hello, sweet potato.

先日、安納芋の苗を頂きました。庭に小さな畝を作って植えました。

美味しいお芋さんを食べれますように!

I was given seedlings of Sweet Potato the other day. I made a small furrow in a garden and planted them.

I want to eat delicious potato!

2018.06_72_h600

ラディッシュ

メダカに餌をやりに庭へ。ふと足元の鉢に目をやるとラディッシュの芽が出ていた。

種を蒔いて、しばらくは何事もなかったかのように見える土の中からこうして「大丈夫だよ、ちゃんと育っているんだから。」とでもいうように芽を出してくれるととても嬉しい。

Small happiness brings more happiness!

20180317_72_800

いちごの花

暖かくなると何と言っても植物が楽しくなる。庭の苺が花を付け始めた。

雪をかぶってジンと耐えた冬の日もあり、葉の色が変わってしまった時は心配したけれど、なんのなんのこの姿。

心が晴れる。

2018.0314_72_800

雨の後に

梅が咲いて春を感じでいたら、風が吹いたり雨が降ったりで、桜とバトンタッチの気配がもう近づいてきた。

今年の梅にはものすごい思い出がくっついた。来年見る梅にその思い出はどのように映るのだろうか。

写真はある建物の横に生えている梅。この梅のすぐ横にも梅の木があって、白とピンク両方の色の花をつける。今年は両方咲いている時期に写真を撮り損ねたから来年はばっちり撮ろう。

0167ume_72_800

 

絵の話のメモ

画集の絵を観ながら、思いついた言葉を書き出してみることにしました。短い言葉を並べただけだけど、絵と会話ができたみたいで少し嬉しいです。

 

画家 福田平八郎(明治25年生まれ)

“白梅” 昭和9年制作、42才のときの絵を観て。

 

・ひんやりとした空気をあたためる光

・恋する気持ち

・いのちの血

・枝ぶりのモノクロームの美しさ

 

 

たったこれだけだけど、観た絵が自分の中へすうっとしみわたります。

 

ロベール・クートラス展

先月、アサヒビール大山崎山荘美術館で開催されていたロベール・クートラス展に行ってきました。JR山崎駅で下車し、美術館まで少し山を登り緑に囲まれた場所に美術館がありました。

ロベール・クートラスは2015年に没後30年の回顧展がフランスと日本で開催され評価が高まりつつある画家です。若くして注目をされていた画家は流行を競い合う業界から離れ、油彩からグァッシュの作品制作へと変化していったそうです。また独自の支持体「カルト」の作品群の展示もありました。「カルト」は街の中で拾った厚紙を手のひらサイズにしたものです。私が全体の作品から感じ取ったものは、ユーモアと可愛さがある中でその奥の方で静かな悲しみでした。

油絵具もグァッシュも絵を描く材料という意味では同じ。クートラスの油彩も魅力があったけれど、親しみやすさ、身近さという観点でみるとグァッシュ作品にはより「やさしさ」を感じ取れたように思いました。

ロベール・クートラス展と大山崎山荘美術館。どちらもとても良かったです。

img019

IMG_3027
美術館入り口
IMG_3028
美術館前の可愛い石の像
IMG_3024
どんぐりも落ちていました。

 

育てる愉しみ

農協にお漬物用のヌカを分けてもらいに行ったら、朝市でエンドウの苗が販売されていたので購入してみました。

2016-1122%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6-72h600

近くにいたおじいさんは「苗にしては伸びすぎてるからな、最初風よけしぃや。」と言っておられました。よってバケツに入れてひとまず待機。

2016-1123%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%89%e3%82%a6-72h600

早速植え付けてみました。あんどん式で支柱にヒモをクルクル結び付けていき、エンドウのツルが巻き付けるようにしました。ひもはすでにゆるゆるヨレヨレしていますがこれで良しとします!そして引き続き風よけできるところでツルがヒモにしっかり巻き付くまではここで世話をしていこうと思います。すくすく育っていくのがとても楽しみです。実を食べるのも楽しみ。

2016-1123%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab-72%ef%bd%97600

さてさてアトリエ。S100号のパネル。ここに絵を描く準備をしていこう。そして新しい支持体にチャレンジしてみよう。どんな絵に育っていくかは未知なる世界。

11月の植物の様子

肌寒くなってきました。植物の様子も変化しています。

先週台湾に旅行に行ってきて、帰宅した翌日の朝に南天を見て感動しました。そして、植え付けそびれていたキキョウの球根もようやく植え付けが完了し一安心です。

植物を育てていると、ふとした時にその変化に気付いて嬉しくなります。

気付かないうちに、もしかして自分も少しずつ成長しているのかなとか、次の準備をしているところなのかなとか、植物の様子を自分に置き換えてみたりしていろんなことに気付くきっかけをもらえているような感じです。

2016-1115%e5%8d%97%e5%a4%a9-72h600

真っ赤に色づいていました。雨のしずくと共にとても綺麗。

2016-1117%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%83%a7%e3%82%a61-72h600

2016-1117%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%83%a7%e3%82%a62-72h600

東大阪市役所の一階で無料配布されていたキキョウの球根。一つ頂いておいたものを鉢植えにしてみました。

2016-1118%e3%83%8a%e3%83%87%e3%82%b7%e3%82%b3-72h600

先月植え付けたナデシコの花もたくさん咲いてきました。

2016-1118%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%82%b8%e3%82%aa%e3%83%a9%e3%82%b9-72h600

グラジオラスも伸びてきました。

2016-1118%e3%82%aa%e3%82%af%e3%83%a9-72h600

オクラもまだ頑張っています。

2016-1118%e7%a9%ba%e8%8a%af%e8%8f%9c-72h600

空芯菜。台湾の夜市で料理に使われていました。シャキッとしていておいしかったです。あんな風に料理できたらなあ。

そんなこんなで、楽しい植物との対話時間。ありがとうございました!